ブランデーや美術品など不要なものは専門業者に買取をしてもらおう

女性

お酒を手放す

日本酒

お酒が好きでも、状況によって飲めないことがあります。もらったものをそのままにしておくのは勿体無いので、買取業者に売りましょう。量やお酒の種類によって、買取金額に差がでます。

もっと読む

中国切手をお得に売る

老人

切手の中には高値で取引されるものが多いですが、中国切手も同じく、買取金額が高くなることがあります。貴重なものであれば高価買取が期待出来ます。ネットで買取金額の相場を調べることが出来ます。

もっと読む

未開封のお酒

アルコール飲料

贈答品などで家に飲まないブランデーなどのお酒が余っているという人、意外に多いのではありませんか。お酒をまったく飲まない人にお酒ギフトが送られてくることはあまりないと思いますが、贈られたブランデーが自分の好みでないというケースは多々あるのではないでしょうか。そんな場合、そのまま家に眠らせておくのは勿体ない。飲まないお酒は買取業者に依頼して、買い取ってもらうという手があるのをご存知でしょうか。大抵の買取業者は、ワイン、シャンパン、ウィスキー、日本酒などぼぼすべてのお酒の買取に対応してくれます。(ビールだけは、贈答用だけという場合もあるようです。)買取のプロセスも簡単。近くに買取店舗があるようでしたら、持ち込みも可能ですし、遠方だったり本数が多ければ宅配便などで集荷してもらうことも可能。もちろん、買取前に査定してくれますので、価格に不満があるようなら、断ることもできるのです。

さて、それではお酒を高く買い取ってもらうためにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、高価だったり希少価値の高いお酒なら、高額査定が期待できますが、それ以外にもいろいろとコツがあります。ひとつは、売る際にはなるべく早目に決断すること。お酒は未開封でも時間が経てば蒸発してしまい味が変わってしまいます。場合によっては見た目にわかるぐらい、量が減ってしまうこともありますから、飲まない場合は早目に売ってしまいましょう。さらには見た目も大きなポイント。どんな種類のモノでもパッケージがしっかり残っていたり、ラベルが汚れていない方が査定価格はあがります。買取前には自分なりにボトルやパッケージを綺麗にしておくことが大切です。最後に買取に忘れずに用意したいのが、身分証明書です。古物買取の際には古物営業法によって身分証明書による本人確認が義務付けられていますので、忘れずに準備しましょう。

古物商に見せる

レディ

家の中に美術品が眠っている場合がありますが、置き場所に困ったり処分を考えたりしたときには、まず古物商に見せて査定をしてもらいましょう。査定金額に納得したら買取を依頼できます。

もっと読む